塗装工事

住宅の寿命はおおまかに屋根が10年~15年、外壁が12年~20年と言われています。もちろんお住まいの立地や環境、材質など、さまざまな要因によってその寿命は変わりますが、10年~15年を目安に外装の劣化具合いをチェックすることをお勧めしています。屋根の場合は再塗装もしくは葺き替え、外壁の場合は再塗装をすることで住宅の寿命を伸ばすことが可能です。塗装の場合、使用する塗料や工程によって被膜の寿命が異なります。適切な下地処理(コーキング含む)を行ってから塗り替えると外観だけでなく住宅本来の機能を損なわずに寿命が10~15年ほど伸びます。最近では20年以上被膜が長持ちする塗料も開発されてきています。